↓↓オークション出品者の必須ツール↓↓オークファンを利用しない出品は無謀↓↓

2011年09月23日

バザーは宝の山!!価値ある食器を探しだせ!!

こんにちは


環です。



環のご近所の福祉施設にて

毎年恒例のバザーが行われました。


ちょうど、

さっき帰ってきたばかりなんですよっ。


ここのバザーで商品調達をするのは


今年で3年目になります。



年々、買う商品の数が少なくなってきていることに


今日、環は気が付きました。



ん〜やっぱり、


提供される物品が毎年少なくなってきているせい?




・・・・それもあるとおもいますが、





いえいえ、違います。







無駄な買い物をしなくなっただけなんです、きっと。







去年までは、




 <あ!これ、


  ◎◎の非売品だ!

   
  きっとコレクターがいるから買っておこっと!>




 とかなんとか心の中で呟いて、



 ストラップだとかコップだとか



 買い込んでましたね〜。




いや、実際、



10円で買ったストラップを出品して


 1,200円くらいで落札されたものもありましたよ。




でも、今回はそういうのを買わなかったんです。




何となく、



ここ2年、



ここのバザーで見つけてヤフオクに出品した実績が



頭に入ってますのでね、



<はい、これ前に買って、


 ○○円くらいで落札されました。



 大体、2週目くらいに落札されましたな。



 じゃ、今回も買っておきましょうか>



というリピート買い。




また、今回はターゲットを絞って、




  老舗食器のギフトセット



これに目を付けてみました。




バザーって、



結構引き出物とかで頂いたギフトセットが出てますよね。





そりゃ、マイセンだのロイヤルコペンハーゲンだの




素人目に見ても



「こりゃ、¥500で売っちゃいけないな」



というものはありませんが、




それに準ずるような、



知ってる人は知ってる老舗食器のセットも結構でています。





「でもさぁ、




 メーカーの名前、




 そんなに知ってるわけじゃないし」








 はい、環も知りません。




でも、何となく分かりました。






目利き力がついたからなのかな〜






と思いたいのですが、





推理力ですかね〜?






まあそこそこのお値段が付いていそうなギフトセットは・・・



☆外箱がそこそこ立派☆



まあ、そうでしょうね。


でも、間違いなく例外もあると思います。




☆皿の裏に会社設立年☆


そのメーカー名は聞いたことも見たこともないけど、


ブランド名と並んで



       EST 1775


   とか



      since 1882




とか刻印されてあれば、
 


とりあえず歴史のあるメーカーなんでしょう。





☆ BONE CHINA ☆



と、食器の裏にあるもの。



ご存知の方も多いと思いますが、



BONECHINAっていうのはメーカー名じゃありません。



これは、磁器の種類を表しているもので、


ボーンというだけに、


原料に牛の骨灰等が配合されているのだそうです。


ちなみにチャイナは磁器という意味。


※ボーンチャイナは一般の時期に比べて

素地が薄いにもかかわらず

チッピング強度が強い。ウィキペディアより。


ちなみにチッピング強度というのは、

どうやら、

縁の衝撃に対する強度という意味のようです。


つまり、


ボーンチャイナは強くて良い洋食器



なんですね。


『ギフトセット ボーンチャイナ』うーん、結構いいお値段ついてますっ!



ではでは、



ボーンチャイナで有名なブランドは・・・・


ウィキペディア「ボーンチャイナ」主なブランドより



ウェッジウッド

ロイヤルドルトン

エインズレイ

ロイヤルウースター

スポード

ロイヤルクラウンダービー

鳴海製陶 -

大倉陶園

ノリタケカンパニーリミテド




ちなみに環は、

ウェッジウッド、鳴海製陶、ノリタケカンパニーリミテド

この3ブランドしか知りませんでした〜ふらふら



さてさて、



今回環が100円で購入した


どっかの老舗ブランドだろうと見た


ボーンチャイナのプレートギフトセットは、


なんて読むのか分からんので、


そのままオークファンに打ち込んだら・・・・



過去2年間、


¥3,000〜¥6,000で落札されていました。



そのメーカー名は




      Aynsley





エインズレイ(Aynsley)は、イギリスの陶磁器メーカー。
1775年、ジョン・エインズレイによって創業された。
彼は当時、別業種の経営者だったが、西洋の白磁ブームに便乗してのことであった。
その読みは見事に当たり、後の2代目の時代にティーセットに着目して大成功し、
3代目の時代に、スポードのファイン・ボーンチャイナの成功を聞き付け、
その技術をすぐ取り入れ、エインズレイの人気を不動のものにした。
特に、透かし模様と金彩を施す豪華な作りで、王室にも愛され続けている。
なお、英国王室では現在でも祝事の際、まずエインズレイに発注が下る。
ダイアナ元王妃の成婚時にもエインズレイの陶花が選ばれている。
※ウィキペディアより




なるほど、それで王冠マークが付いてたんだな〜。





はじめまして、エインズレイ!



これからもよろしくお願いしますっ!



こうして、


今年も環の目利きはバザーで養われていくのでした〜。



そして、ちなみに↓こちらが、

エインズレイの出品状況



posted by 環 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。